Webコンサルティング・ホームページ制作・スマートフォン対応ならDヴォイス

個人情報保護方針

株式会社Dヴォイス(以下、「当社」と言う)は、インターネット通販や事務局の委託業務を通して扱う個人情報を尊重し、大切に保護することを重要な責務と考えております。
また、お客様から求められている個人情報の取扱に関する適切性の確保を、企業全体の最重要課題と捉え取り組んできましたが、個人情報の保護に対する社会的背景を鑑み、情報資産の保護について、次のように方針を定めます。

  1. 当社の個人情報保護方針の目的
    1. 確実な個人情報の保護を実現し、お客様への継続的な安心を提供する。
    2. 確実な個人情報の保護を実現し、従業員への継続的な安心を提供する。
  2. 個人情報の取扱について
  3. 当社は保有する全ての顧客情報や従業員情報等の個人情報の取扱につき、業務実態に応じた個人情報保護のための
    管理体制を確立するとともに、社内規定に従い適切かつ慎重に取り扱います。

    1. 個人情報の収集について
    2. 個人情報を収集する際には、お客様及び従業員に対収集する目的を明確にし、その目的達成に必要な限度において適法かつ公正な手段を用います。

    3. 個人情報の利用について
    4. 個人情報を利用する際には、お客様及び従業員が同意を与えた収集目的の範囲内のみで利用致します。

    5. 個人情報の提供及び預託について
    6. 個人情報を第三者に提供または委託する際には、お客様及び従業員が同意を与えた収集目的の範囲内でこれを行います。
      なお、提供及び預託を行う場合は、事前にお客様及び従業員に事前の承諾を頂いてから行います。

  4. 安全対策の実施について
  5. 当社は、個人情報の正確性及び安全性を確保するために、情報セキュリティ対策をはじめとする安全対策を実施し、個人情報への不正アクセス、または個人情報の紛失、破壊、改ざん、漏えい等を確実に防止致します。
    また、内部監査の結果、市場のセキュリティ事故の実例ならびに客様及び従業員からの要望等により改善が必要とされたときには、速やかにこれを是正致します。

  6. 法令・規範の遵守について
  7. 当社は、確実な個人情報保護の実現のため、「個人情報保護に関するコンプライアンス・プログラム」を作成しています。コンプライアンス・プログラムの運営に際して、個人情報関連法及びガイドラインを遵守致します。

  8. コンプライアンス・プログラムの継続的改善について
  9. 当社は、内部監査や事業の代表者によるコンプライアンス・プログラムの見直しの機会を通じてコンプライアンス・プログラムを継続的に改善し、常に最良の状態を維持します。

  10. お客様及び従業員の権利の尊重
  11. 当社は、お客様及び従業員の権利を尊重し、お客様及び従業員から自己情報の開示、訂正・削除・または利用もしくは拒否を求められたときは誠意を持って確実に対応致します。
    個人情報に関する開示・訂正等のお問い合わせや疑問・苦情がある場合は、フォームからお問い合わせ下さい。
    当社は、上記の方針を実施・維持するために以下のように取り組みます。

  • 個人情報保護のための計画
    • 保有個人情報の特定
    • 法令及びその他の規範の遵守
    • 内部規定の策定
    • 計画書の策定
  • 個人情報保護の実施及び運用
    • 体制及び責任の明確化
    • 個人情報の収集に関する措置の実施
    • 個人情報の利用及び提供に関する措置の実施
    • 個人情報の適正管理
    • 個人情報に関する情報主体の権利尊重
    • 社内教育の実施
    • 苦情及び相談への対応
    • コンプライアンス・プログラム文書の整備
    • 文書管理の徹底
  • 監査の実施
  • 事業者の代表者による見直し

制定日2005年12月1日

改定日2007年12月1日

代表取締役 郡山 純則

【個人情報の取扱いについて】

  1. 直接書面以外の方法で取得した個人情報の利用目的
  2. 当社は、販売委託しているアマゾンから個人情報の委託を受けております。
    その利用目的は、商品の発送業務です。

  3. 開示対象個人情報の取扱いについて
  4. 【個人情報に関する問い合わせ・開示等請求窓口】

    事業者の名称:株式会社Dヴォイス

    個人情報保護管理者:営業部所属

    〒530-0001 大阪市北区梅田2-5-6 桜橋八千代ビル8F

    電話:06-6344-3907 FAX:06-6344-3908

    【利用目的について】

    当社が取得した開示対象個人情報は、次の目的の範囲内で利用いたします。
    なお、次の目的の範囲に含まれていない利用目的が生じたときは、直接取得の場合はご本人へ利用目的について同意を得たうえで、それ以外の手段で取得した場合には利用目的を公表したうえで、利用いたします。

    【対象情報と利用目的】

    • 通信販売事業に関わる個人情報 (商品の配送、顧客管理、情報の提供のため)
    • お取引様に関する個人情報(営業活動・お取引様管理のため)
    • 従業員・退職者に関する個人情報(雇用及び人事管理のため)
    • 採用応募者の方の個人情報(先行および採否に関する連絡のため)

【個人情報の開示等に関する請求について】

  1. 当社は、ご本人様から利用目的の通知、開示、内容の訂正、追加又は削除、利用の停止、消去及び第三者への提供の停止(以下、“開示等”といいます。)を求められた場合は、個人情報について社内調査を行い、遅延なくご回答させていただきます。
    ※ただし、ご請求内容によっては開示等に応じられない場合がございます。その場合はその理由に関してもご回答いたします。
  2. 開示等の請求を行う場合、下記手順に沿ってご請求ください。請求内容について不備・不足事項等ある場合請求を受け付けることが出来ない場合があります。なお、個人情報の開示または利用目的の通知の請求について、事務手数料は頂戴致しません。
    ※ただし、弊社現従業員の方からの開示等の請求については無料といたします。(本人が請求する場合)
    • 下記の開示等請求窓口に対して、〈来社〉、〈お電話〉、〈メール〉のいずれかの方法でご請求ください。
      その際、必要になる事項は以下の通りです。 「氏名」、「住所」、「電話番号」、「請求内容」
    • ご請求にご回答させていただくにあたって、なりすましによる個人情報の漏洩事件を防ぐため、ご本人様の確認をさせていただきます。
      免許証やパスポート、写真付き住民基本台帳カードのご提示をお願いしたり(目視による確認のみでコピーはいたしません)、当社保有情報との照合をさせていただいたりすることがございますが、ご了承ください。(代理人が請求する場合)

    下記の開示等請求窓口に対して、〈来社〉、〈お電話〉、〈メール〉のいずれかの方法でご請求ください。
    その際、必要になる事項は以下の通りです。 「氏名」、「住所」、「電話番号」、「請求内容」
    別途郵送にて「代理を証明する書類」と「代理人の方の本人確認書類」(申請時点で有効な、運転免許証、パスポート、年金手帳、健康保険証、戸籍謄(抄)本、住民基本台帳カード、住民票(6ヶ月以内)、外国人登録証明書のいずれかのコピー(1通))のご送付をお願いいたします。

    代理に証明する書類

    • 任意代理人の場合:本人の捺印と署名のある委任状原本
    • 本人が死亡した場合:
      • 被相続人の死亡事項の記載のある戸籍全部事項証明書
      • 相続人であることを確認できる戸籍全部事項証明書または遺言執行者であることが確認できる遺言書もしくは遺産分割協議書等1通
    • 成年後見人、保佐人または補助人の場合:本人の行為能力が制限されていることを証する書面(戸籍謄(抄)本、家庭裁判所の証明書、登記事項証明書等その資格を証明する書類 のいずれか1通)

    ※開示等に関する詳細は、開示等請求窓口へお問い合わせください。